法人のお客様

駅すぱあとWORLD

駅すぱあとアンテナ

「駅すぱあと」のメールマガジン「駅すぱあとアンテナ」を配信中!
購読は無料、毎月1回配信しております。 見て楽しい、読んでナットクの情報盛りだくさん!

「駅すぱあとアンテナ」4月号





桜の咲く地を散策し、次から次へと現れる美しい風景を眺めてみてはいかがですか?今月は、桜を"愛(め)で歩く"おすすめのスポットをご紹介します。

まずは関西屈指の桜の名所、奈良県の吉野山です。さかのぼること約1300年前、修験道の開祖、役行者(えんのぎょうじゃ)がこの地に籠って修行し、蔵王権現を感得。その姿を桜の木に刻み、祀ったことから「桜=御神木」と捉えられました。以来、桜が次々と献木されて、素晴らしい風景が生まれます。同時に多くの文人墨客がこの地を訪れ、歌に詠んできました。

春には日本古来のヤマザクラを中心に、約200種、約3万本もの桜が咲く吉野山。ひと目で千本あまりの桜が眺められる「一目千本」「千本桜」と呼ばれるエリアが4つあります。見頃となるのは例年4月上旬から下旬にかけて。麓の「下千本」から「中千本」「上千本」「奥千本」へ、見頃期間は長めです。なお、今年は気温の推移から開花時期が平年より早まると予想されています。

「下千本」エリアでは、「御野立ち跡(おのだちあと)」と呼ばれる展望所が人気。吉野の桜の名所として数えられる、七曲り坂に咲く桜を一望できます。修験道の総本山である金峯山寺(きんぷせんじ)があるのもこのエリア。例年、4月には秘仏本尊である蔵王権現が特別開帳されます。

「中千本」エリアの見どころは、吉水神社から眺める「一目千本」。「中千本」だけでなく「上千本」の桜も見渡せるため、圧巻の風景が広がります。「上千本」エリアでは、花矢倉展望台から眺める風景がおすすめ。標高が高いため、吉野山の桜と遠方の山々がつくる大パノラマを満喫することができます。「奥千本」エリアは、他のエリアに比べて観光客が少なめ。深山の趣が漂う中、ゆったりと桜を眺めたい方に向いています。

なお、大阪から吉野へのアクセスには、近畿日本鉄道の観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」が便利です。ゆったりとした座席スペースに加え、窓に面して座れるラウンジスペースや大型のバーカウンター、ライブラリースペースなども配備。普通運賃に加え、大人730円、小児370円で乗車できるのも魅力のひとつです。開花時期となる4月1日(水)から4月19日(日)までの期間は、臨時ダイヤでの運行となります。 いにしえの人々も魅了した吉野山の桜を、ぜひ堪能してみてはいかがですか。
吉野山観光協会
青の交響曲(シンフォニー)

群馬県に位置する妙義山は、赤城山、榛名山と並び称される「上毛三山」のひとつ。大分県の耶馬渓(やばけい)、香川県の寒霞渓(かんかけい)と並び、日本三大奇勝にも数えられており、切り立った奇岩による独特の風景が広がっています。

紅葉に染まる秋の行楽地として人気を集めていますが、桜咲く春も圧巻です。山の中腹には「県立森林公園さくらの里」が広がり、妙義山を背景に約45種、約5000本の桜が咲き誇ります。

見頃は4月中旬から5月上旬にかけて。ソメイヨシノを中心に、カンザンやフゲンソウなどの八重桜、珍しいミシマザクラやヨウキヒ、コトヒラなど、開花時期の異なる桜が次々と咲くため、長い期間にわたり楽しめるところが魅力です。様々な種類の桜を見比べながら歩きましょう。

公園内の散策路は整備が行き届いていますが、小さな山や谷があり起伏に富んでいるため、歩きやすい靴での散策がおすすめ。桜や妙義山を眺める場所によって趣が変わるため、気に入った眺めに出会うたびに写真を撮りながら歩くのも良さそうです。

また、同公園から程近い位置にある妙義神社にも立ち寄ってみましょう。参道には枝垂れ桜が咲き、風情は満点。さらに黄金色の花をつけるウコンザクラも植えられています。

なお、体力に自信のある方は、妙義山に登ってみるのもよいでしょう。上級者向けの登山道と、一般向けの登山道「中間道」があり、「中間道」の登山道は妙義神社の拝殿脇から伸びています。奇岩が点在する妙義山ならではの「石門めぐり」を楽しみながら登り、眼下に広がる桜を一望してみてはいかがですか。
妙義山 さくらの里(下仁田町)

桜を愛で歩きたいスポットを、あと3つご紹介しましょう。

まずは長野県安曇野市豊科にある光城山(ひかるじょうやま)。かつて海野氏の一族だった光氏の山城があったことからその名がつきました。

標高は911.7mですが、裾野の標高が高く、登山道も整備されているため、子供たちも気軽に登れる山として人気があります。春になると裾野から山頂にかけて1500本のソメイヨシノが咲き誇り、桜のトンネルを潜りながらウォーキングを楽しめることが大きな魅力。

桜越しに北アルプスが一望できる頂上からの眺めも抜群です。登山道の桜は、あたかも龍が山を登るような姿に見えます。例年の見頃は4月下旬頃。1週間程かけて、麓から山頂に向かって順に開花していきます。

次のスポットは、埼玉県で唯一の村、東秩父村。8割が山林を占める、豊かな自然が残る地で、「和紙の里」としても知られています。

桜を愛でながら歩きたいのは「虎山の千本桜」。山一面に桜のひな壇が広がり、小高い山の上まで歩いていくと、山頂に向かって約2kmに及ぶ桜のトンネルが現れます。桜の散策路をすべて踏破すると約5km。広場には池と水車があり、のどかで静かな田舎の風景が広がる中で桜を楽しむことができます。

見頃となるのは3月下旬から4月中旬にかけて。ちなみに東秩父村には「桃源郷」と称される「花桃の郷」もあります。約5000本に及ぶ花桃の見頃は、3月下旬から4月上旬にかけて。4月上旬に訪れて、桜と花桃を両方楽しむ散策もおすすめです。

最後は、広島県の宮島です。世界遺産・厳島神社は四季を通じて観光客が訪れていますが、桜が咲く季節は格別の一言。境内と周辺には、約1900本もの桜が植えられています。

とりわけ多宝塔の周辺の広場は桜が多く、二重の塔との競演は見ごたえがあります。広場は小高い丘に位置しているため、厳島神社をはじめとした宮島全体の桜を眺めるにも最適です。

宮島水族館に隣接する大元公園にも立ち寄ってみたいところ。鹿が生息し、宮島の中では静かなエリアのため、落ち着いた雰囲気の中で花見を楽しめます。宮島にはソメイヨシノをはじめ、ヤマザクラや枝垂桜、オオシマザクラなどもあり、のんびりと散歩しながら花の盛りを満喫してみてください。
光城山の桜(信州あずみの公式観光サイト)
虎山の千本桜(東秩父村観光サイト)
花暦(宮島観光協会)
【 鉄道 】
JRは、JR時刻表2020年4月号の内容に対応
私鉄および公営は、2020年3月16日現在の時刻表に対応
<臨時ダイヤ>
●近畿日本鉄道
2020/4/1~19 近鉄南大阪線、吉野線 
吉野山の桜開花期間中の臨時ダイヤ
<駅追加>
 
●眉山ロープウェイ
「眉山ロープウェイ山麓/びざんろーぷうぇいさんろく」
「眉山ロープウェイ山頂/びざんろーぷうぇいさんちょう」
<名称変更>
 
●京福電気鉄道
京福電鉄 「等持院」→「等持院・立命館大学衣笠キャンパス前/とうじいんりつめいかんだいがくきぬがさきゃんぱすまえ」  (3/20)
<運賃改定>
 
●IRいしかわ鉄道
2020/4/1 改定
●あいの風とやま鉄道
2020/4/1 改定
●えちごトキめき鉄道
2020/4/1 改定
●しなの鉄道
2020/4/1 改定
その他の改訂情報は駅すぱあとワールドをご覧ください。
次回2020年5月号は、2020年4月29日(水)配信予定です。お楽しみに!
メールマガジン配信の登録・変更・停止
お手持ちの『駅すぱあと』登録番号とパスワードをご用意ください。
https://secure.ekiworld.net/eworld/menu/menu.do?event=18
発行  株式会社ヴァル研究所 https://www.val.co.jp/
発行日 2020年3月25日(水)
お問い合わせ https://ekiworld.net/contact/
本メールは『駅すぱあと』登録ユーザーの方でメール配信をご希望されたお客様にお送りしています。


当社の個人情報保護方針ならびにポリシーについては以下をご覧ください。
<個人情報保護について> https://www.val.co.jp/privacy.html

一覧へ戻る

個人のお客様