法人のお客様

駅すぱあとWORLD

駅すぱあとアンテナ

「駅すぱあと」のメールマガジン「駅すぱあとアンテナ」を配信中!
購読は無料、毎月1回配信しております。 見て楽しい、読んでナットクの情報盛りだくさん!

「駅すぱあとアンテナ」4月号





鉄道の旅をいっそう楽しくする観光列車が、今年も相次いでデビューを果たします!沿線のグルメが楽しめる列車や、普通料金で乗れる観光特急、近未来的なデザインの列車など、バラエティ豊かな顔ぶれをご紹介しましょう。

富山県を走る第三セクター、あいの風とやま鉄道のダイニング列車「一万三千尺物語」の運行が4月6日(土)から始まります。

富山の象徴といえば、標高3,000m級の山々が連なる立山連峰と、水深1,000mに達する風光明媚な富山湾。その高低差4,000mは、尺で換算すると一万三千尺。それが同列車の名前の由来です。

外観のデザインも、朝日によって色づく立山連峰の稜線と、深みのある青で表現された富山湾が描かれています。なお、この車両は旧国鉄車両413系を改装したもの。内装は旧国鉄のレトロな情緒と、天井や床などに使われている富山県産の「ひみ里山杉」の落ち着いた印象が見事にマッチ。山側に設置された大きな窓も開放感をもたらしています。

運行ルートは2通り。1号の「富山湾鮨コース」は富山駅を出発し、新潟県境に近い泊駅で折り返すルートです。所要時間は約2時間7分。その間に振舞われるのは、同列車オリジナルの富山湾鮨。豊かな海の幸を育む富山湾の地魚を、車内で職人が握って提供します。

2号の「懐石料理コース」は富山駅を出発し、まずは西の高岡駅へ。そこで折り返し、いったん富山駅を通り過ぎて東の黒部駅へ向かい、再び折り返して富山駅に戻るルートです。所要時間は約2時間26分。新鮮な魚介類はもとより、清らかな水に育まれた米や野菜、山菜などを使った和風懐石料理を楽しめるほか、これらの料理に合う地酒も用意されています。運行日は土・日・祝日・夏休みが中心。詳しくは公式サイトでご確認ください。

これからの季節におすすめしたい富山の見どころも、少しご紹介しておきましょう。まずは鉄道の旅が好きな方なら一度は乗ってみたいと感じる「黒部峡谷トロッコ電車」。新緑が眩しい季節に、日本有数のV字峡谷をのんびりと走るトロッコ電車の旅は格別です。今年の全線運行は、4月29日(月・祝)から始まる予定です。

また、ゴールデンウィーク期間中は、高岡市で「高岡御車山祭」が、越中の小京都と呼ばれる南砺市城端で「城端曳山祭」が開催されます。どちらも豪華絢爛な山車が街を練り歩く、歴史情緒あふれる祭りです。

富山の味覚をダイニング列車「一万三千尺物語」で楽しみ、四季折々の風景やイベントを満喫する旅へ、ぜひお出かけください。
一万三千尺物語

観光列車王国といえるほど、魅力的な列車が多数運行している地といえば九州。これまでJR九州のほぼ独壇場でしたが、3月23日(土)、西日本鉄道の観光列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ レールキッチン チクゴ)」の運行が始まりました。西鉄初といえる本格的な観光列車の登場です。

コンセプトは「LOCAL to TRAIN~街を繋いできたレールは人をつなぐ時代へ~」。地域の足として利用されてきた電車を、これからは沿線の街の魅力を乗せ、人が集い、つながり、街を再発見できるスペースにしたい…そんな想いが込められています。

車両は、天神大牟田線の通勤用電車を大幅に改造。3両編成で座席数52席、外装はキッチンクロスのイメージに仕上がっています。豪華さよりも親しみやすさを基調としたデザインを施し、車両内では地元の食材を使ったオリジナルのコース料理が振舞われます。面白いのは、キッチン車両にピザを焼く窯を積み込んでいること。メインディッシュとして旬の野菜をふんだんに駆使した本格的なピザが楽しめます。また、内装も八女の竹を使用した竹編みの天井や城島瓦など、沿線のカラーが随所に出ています。

運行は金・土・日・祝日が中心で、コースは3通り。

現在は西鉄福岡駅発、大牟田駅着の「地域を味わうランチの旅-CHIKUGO LUNCH COURCE-」と、大牟田駅発、西鉄福岡駅着の「地域を味わうディナーの旅-CHIKUGO DINNER COURCE-」の運行がスタートしています。

さらに6月1日(土)より、西鉄福岡駅発、太宰府駅着の「地域を味わうブランチの旅-DAZAIFU BRUNCH SET-」がスタートする予定です。

西鉄福岡駅から出発した電車は、福岡の中心部から住宅街を抜け、やがて田園風景や緑豊かな自然が車窓から望めるようになります。

始終点となる大牟田には、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」に属している「三池炭鉱宮原坑」をはじめ、日本の近代化に寄与した歴史施設が複数あります。また、同列車は水郷として名高い柳川へのアクセスにも便利です。ゆったりと舟に乗って堀巡りを楽しみ、名物のうなぎに舌鼓を打つのも良さそうですね。ぜひ「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」でグルメ三昧の旅をお楽しみください。
THE RAIL KITCHEN CHIKUGO

他にも魅力的な列車が次々とデビューしています。そのうち3つの列車をご紹介しましょう。

まずは3月16日(土)にデビューしたJR・富士急行直通特急「富士回遊」。毎日2往復、新宿駅から河口湖駅まで最速1時間52分で結びます。所要時間は約30分短縮されました。これまでも新宿駅と富士急行線河口湖駅をダイレクトに結ぶ列車はありましたが、休日だけでなく平日にも定期運行する特急は「富士回遊」が初めてです。車両は「スーパーあずさ」などで使われている最新鋭車両「E353系」が中心。快適な乗り心地で富士山の北麓へアクセスできます。

停車駅は、立川駅、八王子駅、大月駅、都留文科大学前駅、富士山駅、富士急ハイランド駅、河口湖駅。これまでよりも気軽に富士山や周辺地域へアクセスできそうです。

続いては、西武鉄道の「Laview」。同鉄道では「ニューレッドアロー」以来、四半世紀ぶりとなる新型特急車両です。観光列車であると同時に通勤にも対応する車両として3月16日(土)から運行が始まっています。

丸みを帯びた前面ガラスに、リビングルームを彷彿とさせる、ゆったりとした座席。これまでの車両の概念を覆すデザインは、日本を代表する建築家・妹島和世氏が監修しました。

池袋駅と西武秩父駅を結ぶ「Laview」により、秩父観光のアクセスもさらに便利になったうえ、沿線の新たな観光スポットである「ムーミンバレーパーク」も、同列車のデビューと同じ日に開業。これからますます注目が集まりそうです。

最後にご紹介するのは、3月23日(土)にデビューした阪急電鉄の観光特急「京とれいん 雅洛」。大阪の梅田駅と京都の河原町駅間を、土・日・祝日の午前9時から午後4時まで、1時間に1本のペースで運行します。

車両は6両編成で、「ご乗車されたときから京都気分」というコンセプトに沿い、1両ごとに季節を設定したデザインが施されています。京都の風情を感じる坪庭や、西山の山並みを満喫できる窓向き座席、寺社建築で用いられる円窓なども設置。何度でも乗りたくなるような列車です。それでいて、普通運賃で乗車できる点も魅力。予約も必要ありません。

誕生したばかりの観光列車を利用して、鉄道の旅を心ゆくまでお楽しみください。
JR・富士急行直通特急「富士回遊」
西武鉄道新型特急車両「Laview」
京とれいん 雅洛
【 鉄道 】
JRは、JR時刻表2019年4月号の内容に対応
私鉄および公営は、2018年3月18日現在の時刻表に対応
<ダイヤ改正>
●南海鉄道
2019/4/6 南海本線
●樽見鉄道
2019/4/16 樽見線
<臨時ダイヤ>
●箱根登山電車
2019/2/23~4/21の土休日 箱根登山ケーブル 臨時列車運転
●名古屋市交通局 
2019/3/20・10/21 東山線 終電延長ダイヤ
2019/3/22~4/5の平日 東山線 休校期ダイヤ
●岡山電気軌道
2019/3/22~4/5の平日 東山本線 休校期ダイヤ
●近畿日本鉄道
2019/4/1~14 大阪線、吉野線 桜シーズンの臨時快速急行列車運転
●東武鉄道
2019/4/13~5/19の土休日と4/1~5 
東武スカイツリーライン、日光線 臨時特急列車運転(きりふり)
2019/4/13~20・27~5/6・5/12~26の土休日 
東武スカイツリーライン、日光線 臨時特急列車運転(スペーシアけごん)
2019/4/13~5/6の土休日 日光線 
JR直通臨時特急運転に伴う一部ダイヤ変更
●西武鉄道
2019/4/2~4・10・12~14・19~21 
池袋線、狭山線、新宿線、多摩湖線 プロ野球公式戦開催に伴う臨時ダイヤ
2019/4/12~5/31の平日 池袋線、秩父線 不定期列車運転
●京阪電気鉄道
2019/4/27~5/5 京阪本線 春の臨時ダイヤ
その他の改訂情報は駅すぱあとワールドをご覧ください。
次回2019年5月号は、2019年4月24日(水)配信予定です。お楽しみに!
メールマガジン配信の登録・変更・停止
お手持ちの『駅すぱあと』登録番号とパスワードをご用意ください。
https://secure.ekiworld.net/eworld/menu/menu.do?event=18
発行  株式会社ヴァル研究所 https://www.val.co.jp/
発行日 2019年3月27日(水)
お問い合わせ https://ekiworld.net/contact/
本メールは『駅すぱあと』登録ユーザーの方でメール配信をご希望されたお客様にお送りしています。


当社の個人情報保護方針ならびにポリシーについては以下をご覧ください。
<個人情報保護について> https://www.val.co.jp/privacy.html

一覧へ戻る

個人のお客様