法人のお客様

駅すぱあとWORLD

駅すぱあとアンテナ

「駅すぱあと」のメールマガジン「駅すぱあとアンテナ」を配信中!
購読は無料、毎月1回配信しております。 見て楽しい、読んでナットクの情報盛りだくさん!

「駅すぱあとアンテナ」6月号





夏の到来を一足お先に感じられるような、初夏の味覚はいかがですか?
魚介からフルーツまで、ご当地で食べる喜びをぜひ満喫してください!

京都の夏の風物詩といえば、日本三大祭りに数えられる祇園祭。「コンチキチン」というお囃子が鳴り響き、豪華絢爛な山鉾が巡行するこのお祭りですが、「鱧(はも)祭り」とも呼ばれることをご存じでしょうか? 

ウナギ目・ハモ科に分類される鱧は、夏の京料理に欠かせない食材です。もともと生命力が強いため、輸送技術が発達していなかった昔でも、大阪湾などで獲れた鱧を生きたまま京都まで運ぶことができたのだそう。また、「骨切り」という独特の技術が京都の料理人の間で発展したことも、京の名物料理となった大きな要因です。

なお、鱧が獲れる地元では、あまり食されなかったとか。昔の漁師からすると「鱧は小骨が多いから、食べるのが面倒。それよりも京都に運んだほうが高く売れる」ということだったのかもしれませんね。7月になると脂が乗り始めるため、祇園祭の時期がちょうど食べ頃。祭りのおもてなし料理として古くから食されてきたことが「鱧祭り」と呼ばれるようになった理由といえます。

今では、骨切りを施して湯引きし、身が反って牡丹の花のような形になった鱧に梅肉を添えて食べたり、お吸い物や寿司、天ぷら、土瓶蒸しなど、料理のバリエーションも多彩です。

祇園祭の最中となる毎年7月上旬には、「はも道中」が行われています。淡路島で獲れた鱧を木桶に入れ、白装束をまとった一行が市内を練り歩き、八坂神社に奉納します。例年、神社の境内では鱧の骨切りが実演され、その後に鱧すきが振舞われます。この時期ですと京都市内の料理店はもちろん、これも夏の風物詩といえる川床などでも食べられますが、神社で食べる鱧料理もなかなかの風情ですよ!とりわけ、鱧にあまり馴染みのない関東の方におすすめです。ぜひ骨切りの実演とともに、初夏の味覚をお楽しみください。
祇園祭(京都市観光協会)
ごちそうを食べよう—鱧—(京都観光Navi)

次なる初夏の味覚は、梅雨のない北海道から。小樽や余市のさらに西、日本海に突き出た積丹(しゃこたん)半島です。青く美しいことから「積丹ブルー」と呼ばれる海と、断崖絶壁が続く海岸線が 、胸のすくような絶景を作り出しています。

「積丹」は、アイヌ語の「シャクコタン(夏の村)」が語源なのだそう。そんな夏にまつわる地域の味覚はズバリ、ウニです。ひとえに北海道といっても、地域によってウニの種類や漁の解禁時期は異なり、積丹での漁は6月から8月にかけて行われます。

この時期は、積丹町内にある数多くの飲食店で生ウニ丼をはじめとしたウニ料理に舌鼓を打つことができます。漁師さん直営のお店や旅館も多いせいか、ダイナミックな山盛りのウニに出会えることが大きな魅力です!

例年、6月の最終日曜日には、積丹町の美国漁港広場にて「積丹ソーラン味覚祭り」が開催されています。祭り期間中に行われる「浜値朝市」では、積丹産の旬の生ウニや鮮魚を提供。

獲れたてのウニをその場で割って食べる味覚体験は、なかなか他では味わえません!また、大鍋にエビやホタテなどを入れてつくる浜鍋や、イカやツブ貝などの焼き物、刺身、さらには水産加工品などのお土産も充実しています。

なお、ステージでは伝統芸能の正調鰊場音頭やYOSAKOIソーランの舞などが催され、最後は花火大会!祭りのクライマックスを大輪の花火が彩ります。

ご承知の通り、札幌や函館、小樽でも、旬の時期になればウニは食べられます。でも、少し足を伸ばして積丹ブルーの海が育む鮮度抜群のウニを食べに行きませんか?
積丹ソーラン味覚祭り

初夏は、本格的なフルーツ狩りシーズンの幕開けの時期。6月に楽しめるフルーツ狩りスポットをご紹介しましょう。

まずは、千葉県の南房総エリア。この地は「房州びわ」の一大産地として知られています。粒の形の美しさと色合い、肉厚でジューシーな果肉が特長で、明治の頃から皇室へ毎年献上されている逸品です。

例年の収穫期は、温室びわが5月、露地栽培のびわが6月。南房総市の富浦町には多くのびわ農家があり、「道の駅とみうら 枇杷倶楽部」が拠点となって、びわ狩りの予約を受け付けています。びわ狩り自体かなり珍しいため、もぎたてのびわにその場でかぶりつく体験はとても貴重!旬の味覚をぜひ満喫してください。なお「道の駅とみうら 枇杷倶楽部」では、びわを使ったソフトクリームやパフェなども人気です。

続きましては、びわ同様に「狩る果物」としては珍しいメロンです。あまり知られていませんが、生産量日本一は茨城県の鉾田(ほこた)市。関東平野の東端に位置する鉾田市は太平洋に面し、気候と水はけの良い土壌がメロン栽培に適しています。

同市で質の高いメロンを自然農法で育てている深作農園では、例年6月初旬から7月中旬頃まで、土日限定でメロン狩り体験が可能です。メロン本来のコクと甘さを、ぜひ現地で味わってみてください。なお同園では、農家から生まれたバームクーヘン専門店も展開中。自然の素材を活かしたナチュラルな味が人気を博しています。

最後にご紹介するのは、梅もぎです。梅雨を迎える今の季節、自家製の梅酒をつくる方もいらっしゃるかもしれません。広島県三原市にある万汐(まんちょう)農園では、毎年6月初旬から6月下旬にかけて梅もぎ体験を開催。今年は6月2日(土)に開園予定とのことです。入場は無料で、もぎ取った青梅は1kgあたり380円での量り売りとなります。

高いところの青梅が取りやすい杖を貸してくれるのも嬉しいところ。また、予約すればジャムや甘露煮梅エキス、シロップ、ジュースなどの加工体験も可能です。他にも梅の種飛ばし大会があったり、梅の上手な漬け方を教えてくれるなど、レジャーとして存分に楽しめます。初夏らしい風情を、ぜひ梅もぎで堪能してください。
道の駅とみうら 枇杷倶楽部
メロン狩り(深作農園)
梅もぎ(万汐農園)
【 鉄道 】
JRは、JR時刻表2018年6月号の内容に対応
私鉄および公営は、2018年5月25日現在の時刻表に対応 
<臨時ダイヤ>
●名古屋臨海高速鉄道
2018/6/2~30の土休日 あおなみ線 臨時列車運転
【 その他 】
5月25日(金)公開済みの2018年6月第1版より、以下に対応
※2018年6月第1版の情報は、5月30日(水)より公開予定の2018年6月第2版に含まれております。
<新規路線バス>
南国交通(鹿児島県) 
名士バス(北海道)
<臨時ダイヤ>
●西武鉄道 
2018/6/2 池袋線
「西武・電車フェスタ2018 in 武蔵丘車両検修場」開催に伴う
臨時列車増発と一部ダイヤ変更
2018/6/9・10 池袋線、狭山線、多摩湖線
メットライフドームでのコンサート開催に伴う臨時列車増発と
一部ダイヤ変更
●神戸電鉄 
2018/6/7~10
「サントリーレディスオープン」開催に伴う臨時ダイヤ
●小田急電鉄
2018/6/9・10・16・17 小田原線
「あじさい祭り」開催に伴う一部特急の開成駅臨時停車
その他の改訂情報は駅すぱあとワールドをご覧ください。
次回2018年7月号は、2018年6月27日(水)配信予定です。お楽しみに!
メールマガジン配信の登録・変更・停止
お手持ちの『駅すぱあと』登録番号とパスワードをご用意ください。
https://secure.ekiworld.net/eworld/menu/menu.do?event=18
発行  株式会社ヴァル研究所 https://www.val.co.jp/
発行日 2018年5月30日(水)
お問い合わせ https://ekiworld.net/contact/
本メールは『駅すぱあと』登録ユーザーの方でメール配信をご希望されたお客様にお送りしています。


当社の個人情報保護方針ならびにポリシーについては以下をご覧ください。
<個人情報保護について> https://www.val.co.jp/privacy.html

一覧へ戻る

個人のお客様