法人のお客様

駅すぱあとWORLD

駅すぱあとアンテナ

「駅すぱあと」のメールマガジン「駅すぱあとアンテナ」を配信中!
購読は無料、毎月1回配信しております。 見て楽しい、読んでナットクの情報盛りだくさん!

「駅すぱあとアンテナ」5月号





ゴールデンウィークを皮切りに、全国各地で開催が予定されている"食"の祭り。今月の特集は、ご当地ならではの旬の味覚が楽しめるグルメ祭りや、全国の美味いものが集結する祭りをご紹介します。お腹を空かせてお出かけください!

豊富な海の幸が獲れる富山湾、その春の味覚は、なんといってもほたるいかです。ほたるいかは春になると産卵のため、深海から富山湾の沿岸に押し寄せてきます。ほたるいか漁は、今がまさに最盛期です。

中でも富山県東部に位置する滑川市は、ほたるいかの水揚げが盛んに行われ、観光スポットである「ほたるいかミュージアム」を有する町。そのミュージアム周辺を舞台にして4月29日(土)に開催されるのが「春のホタルイカ祭り in 滑川」。朝9時から15時までの開催です。

当日は、天ぷらやボイルなどほたるいか料理を楽しめる「ホタルイカ深層水料理店テント村」が開設され、例年多くの方がここで舌鼓を打ちます。加えて、ユニークなイベントが多いことも魅力。「ホタルイカボイル大食い大会」や、金魚すくいならぬ「ホタルイカすくい」、「ホタルイカ目玉飛ばしコンテスト」、よさこいや「ホタルイカ音頭」の三味線ステージ、さらにはフリーマーケットと、賑やかでほたるいか三昧の祭りとなります。

会場までのアクセスは、あいの風とやま鉄道滑川駅、富山地方鉄道滑川駅から徒歩8分です。ローカル線の風情を味わえるのもいいですね。

なお、ほたるいかの魅力は味覚だけではありません。体内には1000個もの発行器を持っているため、ほたるいかは青白く光ることがあります。その幻想的な姿に出会えるのが「ほたるいか海上観光」です。

夜明け前に滑川漁港を出航し、ほたるいかの定置網漁を観光船から見学することができます。ただ、不漁などでほたるいかが光らないこともあるため、海面が青白く光る風景に出会えたらラッキー。機会があればぜひ観光してみてはいかがでしょう。
春のホタルイカ祭り(とやま観光ナビ)

静岡県の中部に位置する町、由比(ゆい)。普段は物静かな町ですが、春になると駿河湾に面した由比港を中心に多くの観光客が訪れます。お目当ては、この地の名産である桜えびです。

水深が深いところに生息する桜えびは希少価値が高く、水揚げされるのは世界でも静岡と台湾のみ。とりわけ生の桜えびは静岡でしか食せないのだとか。漁は3月に解禁され、5月は漁真っ盛りのシーズンです。

その時期に合わせ、日本最大の桜えびの水揚げ港である由比港で開催されるのが「由比桜えびまつり」。5月3日(水・祝)の8時から14時にかけて催されます。

毎年多くの人が訪れるこの祭りでは、桜えびをふんだんに使った揚げたてのかき揚げや、天ぷらそばを楽しむことができます。加えて、10時半からと13時からの2回、先着順で生の桜えびを無料で配布予定。これは見逃せませんね!

また、桜えびと同じく由比港で水揚げされるシラスや魚介類、地酒、さらには地元の名産品を使ったグルメも勢揃い。しっかりとお腹を空かせて出かけたいところです。

"食"だけでなく、漁船を活用した遊覧体験も(1回20分程度、小学生以上300円)。晴れれば富士山も望めます。地元和太鼓グループによるステージイベントなども行われ、港一帯は賑やかなお祭りムードに包まれますよ。なお当日、道路は混雑しますので、電車でのアクセスがおすすめ。JR由比駅から由比港まで、出店が並ぶ中をのんびり歩いて向かうことができます。

ちなみに、祭り当日は予定があって行けない方も、由比港には桜えびを購入できる漁協の直売所や、桜えびグルメを楽しめるお店もあるので、ぜひ出かけてみてください。

また、お天気がよいことに加え、前日に桜えび漁が行われるなど条件が揃えば、富士川の河川敷で大量の桜えびを天日干しする風景に出会える可能性も。

天日干し風景をぜひ見たいという方は、事前に問い合わせてからお出かけください。
由比桜えびまつり(静岡市)

デパートの物産展や、都市型公園でのフードフェスティバルをはじめ、近年は全国各地のグルメや名店の料理が一同に集結する食のイベントが人気です。

まずご紹介するのは、5月14日(日)まで三重県の三重県営サンアリーナ及びその周辺で開催されている「お伊勢さん菓子博2017」。4年に一度開催されている「全国菓子大博覧会」が初めて三重県で行われています。

東京ドーム2個分の敷地に、北海道から沖縄まで全国各地の銘菓やお菓子、約1800点が勢揃い。三重県産のあおさや伊勢茶などを使った新作スイーツも販売しています。また、老舗和菓子メーカー6社が合同でプロデュースした「おかげ茶屋」は、江戸時代にお伊勢参りに来た気分が味わえる甘味処。オリジナル和パフェや赤福餅を使った和スイーツなど、菓子博限定メニューも食べられます。

「買う」「食べる」だけでなく「みる」ことも楽しめるところも、同博覧会の魅力のひとつ。

全国の菓子職人が腕を振るい、リアルに創り上げた工芸菓子が174点も展示されています。その姿は、まさに芸術品の域。「これがお菓子でできてるの!?」と驚かれることでしょう。

その他、各地の菓子文化を紹介するエリアやご当地の名物が食べられるフードコート、イベントステージなどもあり、まるまる一日楽しむことができます。

インテックス大阪で開催される「'17食博覧会・大阪」も、4年に1度の食博覧会。4月28日(金)から5月7日(日)にかけて催されます。

その開催テーマは「日本の祭り 日本の味くらべ」。北海道から沖縄まで、各地の祭りや踊りが日替わりで繰り広げられるステージがあるなど、グルメだけでなく祭りも楽しめるところが特長です。里帰りしたような気分になれそうですね。

食博の人気企画「ふるさと街道」エリアには、各地の郷土食や特産品が揃います。それぞれのブースでお国訛りを耳にしながら散策するだけでも楽しそう。また、日本全国の有名ご当地どんぶりが食べられるエリアや、屋外のバーベキューエリア、さらにはドイツの樽生ビールやドイツグルメが堪能できるエリアまで揃っていて、「胃袋が2つあったらいいのに!」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

その他、和食において大切な要素となる「うま味」を試飲体験できる「うま味バー」や食育ステージなど、さまざまな切り口で"食"にフォーカスしている食博。ぜひご家族揃ってお出かけください。
お伊勢さん菓子博2017
'17食博覧会・大阪
※当選発表は、発送をもって代えさせていただきます。
※アンケートに関する個人情報は、弊社が責任を持って管理し、調査集計・結果発表以外に利用することはありません。
なお、個人情報を除いたもの(コメント等)については、弊社が運営するWEBサイトまたは各種媒体にて使用させていただく場合もございますのでご了承ください。
たくさんのご意見をお待ちしております。
【 鉄道 】
JRは、JR時刻表2017年5月号の内容に対応
私鉄および公営は、2017年4月24日現在の時刻表に対応
<臨時ダイヤ>
●叡山電鉄
2017/5/3~28の土休日 鞍馬線
新緑ライトアップ実施に伴う一部列車の市原-鞍馬間延長運転
●東京メトロ
2017/5/1・2・19 銀座線
GW期間と三社祭開催に伴う一部列車延長運転
●西武鉄道
2017/5/13~28の土休日 西武秩父線
天空のポピー「長瀞・皆野リレー号」運転
●秩父鉄道
2017/5/13~28の土休日 
天空のポピー「長瀞・皆野リレー号」運転
<運賃改定>
●あいの風とやま鉄道
2017/4/15 一部区間運賃改定
【 その他 】
4月24日(月)公開済みの2017年5月第1版より、以下に対応
※2017年5月第1版の情報は、4月27日(木)公開予定の2017年5月第2版に含まれております。
<新駅開業>
●JR東日本
2017/4/27 大船渡線BRT 「まちなか陸前高田」
その他の改訂情報は駅すぱあとワールドをご覧ください。
次回2017年6月号は、2017年5月31日(水)配信予定です。お楽しみに!
メールマガジン配信の登録・変更・停止
お手持ちの『駅すぱあと』登録番号とパスワードをご用意ください。
https://secure.ekiworld.net/eworld/menu/menu.do?event=18
発行  株式会社ヴァル研究所 https://www.val.co.jp/
発行日 2017年4月26日(水)
お問い合わせ https://ekiworld.net/contact/
本メールは『駅すぱあと』登録ユーザーの方でメール配信をご希望されたお客様にお送りしています。
本メールをご覧になる際の環境は次のとおりです。(一部環境で正しく表示されないことがあります)

【閲覧推奨環境/Windows】
●OS
Windows Vista、Windows 7、Windows 8.1、Windows 10
●メーラー
Windows Mail 6.0以上、Windows Live Mail、Mail
●ブラウザ
Internet Explorer 11以上、Chrome、Edge

当社の個人情報保護方針ならびにポリシーについては以下をご覧ください。
<個人情報保護について> https://www.val.co.jp/privacy.html

一覧へ戻る

個人のお客様