法人のお客様

駅すぱあとWORLD

駅すぱあとアンテナ

「駅すぱあと」のメールマガジン「駅すぱあとアンテナ」を配信中!
購読は無料、毎月1回配信しております。 見て楽しい、読んでナットクの情報盛りだくさん!

「駅すぱあとアンテナ」3月号





3月26日(土)、いよいよ北海道新幹線が開業を迎えます!
東京~新函館北斗駅間が、最短で4時間2分。新函館北斗駅から、函館市中心部の函館駅まで、新たに導入されるアクセス列車「はこだてライナー」だと最短15分。 午前8時頃に東京駅を出発すれば、函館でお昼ご飯が食べられることになりますね!さっそく、おすすめの観光地や観光ルートをご紹介しましょう。ぜひ春の旅行計画にお役立てください。

北陸新幹線が延伸した際には、金沢観光が一躍脚光を浴びました。今回の北海道新幹線の開業でも、あらためて北海道の観光が注目を集めることでしょう。

その際、最もアクセスしやすくなる主要都市は函館。朝は、新鮮な魚介類を楽しめる函館朝市に始まり、昼間は市電でレトロな風情を満喫できる様々な名所巡り。夜は函館山からの夜景を楽しみ、谷地頭や湯の川などの温泉へ…函館だけで随分と贅沢な旅が満喫できます。

そんな函館の代表的な名所といえるのが五稜郭。幕府が築いた日本最大の洋式城郭は、攻め込まれにくい星型をなしています。例年4月下旬から5月中旬にかけては五稜郭公園内にある約1600本の桜が開花。戊辰戦争の舞台となったこの地も、今は平和そのものです。幕末史がお好きな方は、5月中旬の旅がおすすめ。5月21日(土)、22日(日)の2日間、箱館五稜郭祭が開催されます。この地で最後を迎えた新選組副長・土方歳三を演じる「土方歳三コンテスト全国大会」や、戊辰戦争当時の旧幕府軍・官軍に扮する「維新行列・音楽パレード」、五稜郭の明け渡しを再現する「開城セレモニー」などが開催されます。

さて、函館の次はにご紹介したいのが、北海道唯一の城下町、松前。昭和36年に再建された松前城の天守閣を擁する松前公園は道内屈指の桜の名所です。例年4月下旬から5月下旬にかけて、約250種・1万本の桜が咲き誇ります。見頃が長いのは、品種が多いから。特に八重咲きの桜が多く、色の濃淡や花のかたちなど、それぞれ異なる趣きがあります。北国の桜といえば青森の弘前城が有名ですが、弘前の桜を楽しんだ後、新幹線で北海道に渡り、松前の桜をハシゴで楽しむプランもよさそうです。なおアクセスには、函館から出ている松前行きのバスを利用しましょう。

そして、北海道観光として外せないのが札幌ですね。函館~札幌間は、特急「スーパー北斗」「北斗」が1日12往復、運行されます。すべて新函館北斗駅にも停車するので、新幹線を下車してそのまま札幌へ向かうことももちろん可能です。

札幌の春は、円山公園の桜が見事。例年5月下旬には、北海道ならではの花、ライラックにちなんだ「さっぽろライラックまつり」が開催されます。
さらにもうひとつご紹介したいのは、東区にあるモエレ沼公園です。世界的な名声を誇る彫刻家、イサム・ノグチが設計した公園で、広大な敷地に山やガラスでできたピラミッド、噴水などが配置されています。札幌にいながらにして北海道の雄大さに触れることができると同時に、現代美術を観賞しているような気分にも浸れて、なんとも不思議な気分が味わえますよ。公園内の桜もぜひ満喫してください。

さらにダイナミックな風景に出会いたい!となれば、やはり内陸部でしょう。富良野や美瑛など、美しい花畑がいちめんに広がる風景は、胸のすくような気持ちよさを味わえます。しかし、春が遅い北海道ゆえ、本格的な花のシーズンは6月から8月にかけて。4月から5月にかけては、いわば"早春"です。

美瑛の早春の風景は、ちょっと変わっています。右の写真は秋のようにも見えますが、4月下旬から5月中旬にかけてよく見られる風景。春が短いゆえ、光合成が本格化するまでは葉が緑にならず、樹木が持つ赤や黄色といった本来の色素がみえています。「春紅葉(はるこうよう)」と呼ばれるこの風景は、美瑛の隠れた魅力のひとつ。春紅葉の赤茶色に草木の新緑が混じり、その背景には残雪が残る山々が見渡すことができます。
■北海道新幹線スペシャルサイト
■函館・五稜郭タワー
■北海道松前藩観光奉行 ~情報かわら版~
■モエレ沼公園
■美瑛時間:美瑛町観光情報サイト

今回の開通で「がぜん、函館まで行きやすくなった!」と感じた人は多いはず。確かにその通りですが、今回新たに開業となる2つの新幹線駅も、旅のプランを広げる可能性を秘めていること、ご存じでしょうか?新たにできるのは、本州最北端の新幹線駅となる奥津軽いまべつ駅と、北海道の玄関口に位置する木古内(きこない)駅。この2つの駅、実は意外な活用法があるんです。

まずは奥津軽いまべつ駅。この駅の開業によって、青森を走る日本屈指のローカル線、津軽鉄道を行く旅のプランが広がります。

津軽鉄道の沿線には、太宰治の生家を利用した太宰治記念館「斜陽館」や五所川原の「立佞武多の館」など、津軽ならではの見ごたえある観光名所が点在しています。冬にはストーブ列車が走り、春には芦野公園駅のホームに咲き誇る満開の桜が見事です。

ただ、津軽鉄道の終点となる津軽中里駅には他の路線が乗り入れていません。そのため津軽中里駅で折り返して、再び始点の五所川原駅に戻ることが一般的でした。

しかし、新幹線開業に合わせ、津軽中里駅から奥津軽いまべつ駅の間を結ぶ路線バスが新たに運行されることが決定。バスを利用すれば、津軽鉄道を引き返すことなく新幹線駅にアクセスできるというわけです。

「せっかくの旅だから、同じルートを行き来することは避けて、いろんなところを見て回りたい」。そう考える方にとって、今回のバス運行は願ったり叶ったり。バスの道中には観光名所の十三湖もあるので、途中下車する楽しみもありますよ!

そしてもうひとつは、北海道に上陸して最初の停車駅となる木古内駅。木古内駅と函館市内の五稜郭駅を結ぶJR江差線が、新幹線開通のダイヤ改正に伴い、第三セクターの「道南いさりび鉄道」に移管されることになります。また、すべての列車がJR北海道の函館駅まで乗り入れるようになるため、木古内駅から函館駅までダイレクトでアクセスできるようになります。

つまり、北海道新幹線を使って函館観光を楽しむ場合、新函館北斗駅から「はこだてライナー」で函館へ向かうルートと、木古内駅で新幹線を下り、道南いさりび鉄道で向かう2つのルートが可能になるわけです。

道南いさりび鉄道を使う場合のメリットは、のんびりと車窓を楽しむローカル線の旅が実現すること。津軽海峡を眺めながら駅弁を楽しむのもいいですね。また、トラピスト修道院や江戸時代の軍艦「咸臨丸」など沿線の観光スポットに立ち寄ってみるのもひとつの手。さらに3月26日(土)より、地域情報発信列車「ながまれ号」も運行される予定です。

函館や札幌、小樽など主要都市は観光済みで、旅に新たな刺激を求めている方は、ぜひ奥津軽いまべつ駅と木古内駅を活用してみてください。
■津軽鉄道
■道南いさりび鉄道
【 鉄道 】
JRは、JR時刻表2016年3月号の内容に対応
私鉄および公営は、2016年2月17日現在の時刻表に対応
<新規開業>
●JR北海道新幹線 2016/3/26 開業  
●道南いさりび鉄道 2016/3/26 開業
<臨時ダイヤ>  
●西武鉄道
2016/3/1、5~13、19~30 新宿線、西武園線、国分寺線
3月分競輪開催日ダイヤ
2016/3/12、13、15~17、19 池袋線、狭山線
「プロ野球オープン戦」開催に伴う臨時特急増発と一部ダイヤ変更
●東武鉄道
2016/3/3~25の木・金曜 東上線
臨時〔TJライナー〕運転と一部ダイヤ変更
2016/3/5 日光線
「東武健康ハイキング」開催に伴う臨時列車増発と一部ダイヤ変更
2016/3/10、11 
東武スカイツリーライン、東武アーバンパークライン、日光線
団体客輸送に伴う一部ダイヤ変更
●小田急電鉄
2016/3/13 小田原線
「大山登山マラソン」開催に伴う一部特急の伊勢原駅臨時停車
その他の改訂情報は駅すぱあとワールドをご覧ください。
次回2016年4月号は、2016年3月30日(水)配信予定です。お楽しみに!
メールマガジン配信の登録、変更、停止
お手持ちの『駅すぱあと』登録番号とパスワードをご用意ください。
https://secure.ekiworld.net/eworld/menu/menu.do?event=18
発行  株式会社ヴァル研究所 http://www.val.co.jp/
発行日 2016年2月24日(水)
お問い合わせ https://ekiworld.net/contact/
本メールは『駅すぱあと』登録ユーザーの方でメール配信をご希望されたお客様にお送りしています。
本メールをご覧になる際の環境は次のとおりです。(一部環境で正しく表示されないことがあります)

【Windows】
●OS
Windows Vista、Windows 7、Windows 8.1、Windows 10
●メーラー
Windows Mail 6.0以上、Windows Live Mail、Mail
●ブラウザ
Internet Explorer 11以上、Chrome、Edge

当社の個人情報保護方針ならびにポリシーについては以下をご覧ください。
<個人情報保護について> http://www.val.co.jp/privacy.html

一覧へ戻る

個人のお客様