法人のお客様

駅すぱあとWORLD

駅すぱ・どっち方面?

電車や駅、旅行にまつわるあれこれを、メールマガジン
「駅すぱあとアンテナ」の読者に二択で選択していただく人気企画です。

【銚子電鉄・観光レジャー】対決は「周遊クルーズ」に軍配!

駅すぱ・どっち方面

【銚子電鉄・観光レジャー】対決は「周遊クルーズ」に軍配!

周遊クルーズ

「周遊クルーズ」と「醤油工場見学」、体験してみたいのはどっち? 対決の結果は「周遊クルーズ」に軍配が上がりました。さっそく「周遊クルーズ」に一票を投じた皆さんのコメントをご覧いただきましょう。

  • ◇『千葉でイルカを見られるなんてすごい!』
  • ◇『イルカ、ホエールウォッチングはしたことがないので一度は見てみたい』
  • ◇『犬吠埼灯台を見ながらイルカを追いかけるなんてロマンですね・・・。そこに夕陽が差してきて海が真っ赤に染まる。妄想が広がる周遊クルーズに今回は1票!』
  • ◇『房総半島のイメージはなんと言っても「海」。若かりし頃、クルージングに憧れて小型船舶やレーダーの免許を取って、いつの間にか三十年近く経ってしまいました』
  • ◇『スキンダイビングをしているので、たまには水上から見るのもいいかな』

千葉でイルカやクジラが見られることに驚かれた方からのコメントがたくさん寄せられました。また、房総の海をゆくクルージングそのものに惹かれた方もいらっしゃいました。

  • ◇『どちらも魅力的ですが,イルカショウは何回か見たけれど野生のイルカはまだ見たことがないので』
  • ◇『会えるかどうかわからないのが、魅力』
  • ◇『地元の海にはスナメリは居るので偶に見かけますけど、イルカは見たことないので一緒に遊んで欲しいですね』

銚子の場合、沿岸はスナメリ、沖合ですとカマイルカやバンドウイルカ、スジイルカなどの種に遭遇できるそうです。11月から12月にかけてはクジラ。マッコウクジラが子育てのために銚子沖を回遊し、時には体長15mに及ぶものもいるのだとか!ちなみに2月から3月にかけては、愛らしいオットセイの姿も見られるそうです。

  • ◇『野生のイルカやクジラを生で見てみたいのはもちろんのこと、屏風ヶ浦を海から眺めてみたい』
  • ◇『まだ気候が暖かい内に観ておきたいのは、なんといっても、イルカの方!醤油は冬になってからゆっくり行きます』
  • ◇『この間も銚子電鉄に乗ってきました。イルカウオッチングは、経験してないので』

断崖絶壁が連なり、“東洋のドーバー”と称される屏風ヶ浦は、今月20日に開かれた文化審議会により、国の「天然記念物」と「名勝」の双方に指定される見通しになったそうです。双方に指定されると、千葉県内では初の事例となります。指定された際には、さらに注目を集めそうですね!

イルカ・クジラウオッチングの銚子海洋研究所


次は、「醤油工場見学」に一票を投じた方からのコメントです。

  • ◇『世界に誇る日本の調味料「醤油」。醤油工場の独特のにおい。それが私は大好きだ』
  • ◇『醤油は日常的に使うものだが、生産過程は大豆から作られる程度のことしか知らず、詳しいことは知らないことが多いので知りたい』
  • ◇『入社して最初に配属されたのが、銚子でした。常に醤油の良いにおいが漂っていました。またカツオの角煮が妙に懐かしいです。それもあって、醤油工場見学に軍配を上げます』
  • ◇『世界が認める日本の味。うまい醤油でうまい刺身を食べたい。もちろんお酒もね』

読者の皆さんから根強い支持を受ける「工場見学」。しかも今回は、醤油製造が盛んな銚子が舞台。当然ながらお魚も美味しいですし、ぜひ現地の醤油でお刺身を食べてみたいですね!

  • ◇『小生、若いころ船員でありましたので、イルカの群れはよく見ておりました。そこで、今回は「醤油工場見学」に入れました』
  • ◇『小学生に行った記憶がありますが、半世紀後にまた見学をと考えました』
  • ◇『小学校時代を千葉県で過ごしたので、醤油工場見学はお決まりの社会科見学コースでした。久しぶりに見てみたいです』

かつて見学したことのある方もたくさんいらっしゃいました。しかし、大人になってから足を運ぶと、ひと味違う驚きや新鮮さがありそうですよね。

  • ◇『銚子電鉄は何回も乗車し、ぬれせんべいも買ったりしたので、工場見学したい』
  • ◇『銚子電鉄のぬれせん大好きです』
  • ◇『お醤油。毎日の食卓に欠かせない調味料です。ずっと前、播州龍野の工場を見学しましたが、団体だったので、ゆっくりできませんでした。銚子電鉄にも、数年前に乗せていただきましたが、時間の関係で、工場見学までは手が回らずでした。西と東の違いもあると聞きますので、ぜひ、元気な間に銚子の工場を見学したいものです』
  • ◇『銚子の醤油は和歌山県の濱口氏が作ったと聞いています。和歌山県の湯浅にも著名な醤油屋さんがあります。川越の松本醤油も何回か見学しました。地域によって独特なお醤油が作られています。そんなお醤油作り巡りをしてみたいと考えています』
醤油工場見学

醤油工場・蔵巡り、いいですね!味の違いを堪能してみたいものです。

さて、来年の話になりますが、2016年1月29日(金)から3日間、千葉県の佐原駅~銚子駅間で、蒸気機関車「D51」が運行することになりました!1日1往復の運行で、期間中は銚子駅などで地元物産展も開かれる予定だそうです。蒸気機関車から銚子電鉄を乗り継ぐ冬の旅、ぜひ行ってみたいですね!乗車券は12月下旬に販売予定とのことです。

工場見学のご案内(ヤマサ醤油)

見学のお問い合わせ(ヒゲタ醤油)


一覧へ戻る

  • お問い合わせ
  • FAQ
  • オンライン ショップ

個人のお客様