法人のお客様

駅すぱあとWORLD

駅すぱ・どっち方面?

電車や駅、旅行にまつわるあれこれを、メールマガジン
「駅すぱあとアンテナ」の読者に二択で選択していただく人気企画です。

【上野東京ラインで桜まつり】対決は「小田原桜まつり」に軍配!

小田原桜まつり
「駅すぱあとアンテナ」4月号の「駅すぱ・どっち方面?」コーナーは、「上野東京ラインで桜まつり」対決。「小田原桜まつり」と「日立さくらまつり」の対決となりましたが、結果は「小田原桜まつり」に軍配が上がりました。さっそく、“小田原桜まつり派”の皆さんのコメントをご覧いただきましょう。
  • ◇『天守閣と青空、そして広い敷地の中に桜が咲いていて、ゆっくりと歩いて花見が楽しめる。お堀端の桜も石垣に映えてこれもまた美しい』
  • ◇『小さい頃一度行ったことがあるけれど、すごくきれいだったことを覚えています』
  • ◇『やはりお城と桜は壮大でしょう!時代劇「暴れん坊将軍」を思い出しますネ』
  • ◇『「小田原提灯ぶらさげて~」。花見に浮かれて名物の蒲鉾を食べながらお城見物もいいですね』

お城と桜のコントラストは、やはり日本人の心に響くようです。ちなみに「小田原提灯ぶらさげて~」の一節がある「お猿のかごや」は、小田原駅の発車メロディーとして用いられています。駅に着いて耳にすると、朗らかな気分になりますよ!

  • ◇『美味しい蒲鉾食べたい!』
  • ◇『春は海の幸が美味しそうなので、小鯛の寿司が…』
  • ◇『ついでに熱海の温泉まで足を伸ばしたい』
  • ◇『何と言っても小田原でしょう!小田原城と桜のコントラストが素晴らしいです。その後、陽光の相模湾へと足を延ばすのも素敵なプランだと思います』

小田原といえば、海の幸も楽しみのひとつですよね。また、箱根や静岡方面まで足を延ばすという旅の選択肢もあり、温泉やグルメを楽しみたい方にとっては魅力的です!

  • ◇『北関東に住む人間にとって上野東京ラインは便利!東海道新幹線や羽田空港へのアクセスが格段に向上したことを実感しています。とはいえ上野駅で乗り換える頻度が減るのもなんかさびしいかも…』
  • ◇『自分は宇都宮に住んでいるので、花見に行くならやはり上野東京ラインを使って小田原桜まつりですね。上野東京ラインは、今までは上京=上野というイメージでしたが、これからは、どこまでも電車が続く未来型ラインという感じですね。でも、上野がちょっとさみしくなりそうで心配ですね』

上野東京ラインを便利と感じる方も大勢いらっしゃいました。その一方で、上野はいつも賑わっている街であってほしい…そんな想いを抱く方も多いのでは?

  • ◇『最近は、真っ白な姫路城の復活や、日本のマチュピチュ竹田城跡など、日本の城ブーム(?)のようで、小田原城はまだ行ったことありませんが、桜とお城も見てみたい……』
  • ◇『行きたいのは「小田原桜まつり」。北条氏も天守閣から見てたんでしょうね。城と桜のコラボ、綺麗でしょうね!』

北条氏の本拠地として知られる小田原城。その歴史情緒をたっぷりと味わいたいのなら、桜の季節と、5月3日(日)に開催される「小田原北條五代祭り」がオススメです!

五代にわたってその栄華を極めた北条氏を称え偲ぶこの祭りでは、武者行列、地元の高校、陸上自衛隊音楽隊などのパレード隊を含め総勢1700人にも及ぶ行列が市内を勇壮に練り歩きます。小田原ちょうちん踊りや神輿も行列に加わり、華やかな気分に浸ることができますよ!

小田原北條五代祭り(小田原市)


次は、「日立さくらまつり」に一票を投じた方からのコメントです。

  • ◇『山車と桜並木の組み合わせというのは見たことがないので、一度見に行ってみたいです』
  • ◇『どっちもいいね。日立さくらまつりは知らなかったので見てみたい』
  • ◇『小田原の桜まつりは何回もいっているので、まだ行ったことがない日立さくらまつりに行きたいです』
  • ◇『子どもが喜びそうなので』
  • ◇『「山車と桜」とくると先ずは飛騨高山を連想しますが、こんな近くにもあったんですね。桜並木を練る大きな山車は、穏やかで明るい日本の春を感じますね。是非観てみたいです』

知名度では、小田原の桜が上。しかし、特集で紹介した、操り人形が物語を演じる巨大な山車と桜並木のコントラストに「ぜひ一度、見てみたい!」という方がたくさんいらっしゃいました。

  • ◇『かみね公園の桜をまた見たい』
  • ◇『日立さくらまつりの紹介文に書かれていた『緑黄色の花を咲かせる「御衣黄」など珍しい桜を見ることが可能だ』という一文に、すごく興味をひかれました』
  • ◇『小田原城址公園の桜も棄てがたいが、日立の「御衣黄」を一度見てみたいです』

すでにシーズンは終わってしまいましたが、御衣黄は新宿御苑や大阪の造幣局などでも見ることができますよ。また、かみね公園は動物園や遊園地、レジャーランドや市民プールなどがあり、桜のシーズンを過ぎても家族揃って楽しめる公園として愛されています。

  • ◇『品川始発の常磐線の電車に乗ってみたい』
  • ◇『神奈川在住なので、目先を変えて日立へ行ってみたいです。常磐線の特急が品川始発になったので、京急沿線からはとても便利になりました』
  • ◇『関西からは常磐方面と言うのは、これまで東京と上野の2ヶ所での乗換が必須だったために、行き辛い点がありましたので、東京上野ラインの活用が出来る日立に行ってみたいと思います』
  • ◇『これからの茨城県の名所に注目したいと思います』
日立さくらまつり

関東南部や関西からお越しの方には、常磐線へのアクセスがかなり向上したようですね。沿線には見どころがたくさんあります。

いまの季節におすすめしたいのは、常磐線の勝田駅からタクシーもしくはバスで約15分のところにあるひたち海浜公園。例年4月下旬から5月中旬頃まで、青いネモフィラの花が咲き誇ります。約3.5haもの広大な“みはらしの丘”一面に、450万本のネモフィラの花!丘が青一色に染まる姿は圧巻です!

上野東京ラインを利用した休日散策に、ぜひ出かけてみてくださいね。

ネモフィラハーモニー(観光いばらき)


一覧へ戻る

個人のお客様