法人のお客様

駅すぱあとWORLD

駅すぱ・どっち方面?

電車や駅、旅行にまつわるあれこれを、メールマガジン
「駅すぱあとアンテナ」の読者に二択で選択していただく人気企画です。

【風変りな節分行事】対決は「豊橋鬼祭」に軍配!

豊橋鬼祭
「駅すぱあとアンテナ」2月号の「駅すぱ・どっち方面?」コーナーは、「風変りな節分行事」対決。「豊橋鬼祭(愛知)」と「追儺式鬼法楽(京都)」の対決となりましたが、結果は「豊橋鬼祭(愛知)」に軍配が上がりました。さっそく、豊橋市の安久美神戸神明社(あくみかんべしんめいしゃ)で行われる「豊橋鬼祭」に一票を投じた皆さんのコメントをご覧いただきましょう。
  • ◇『自分の健康のため邪気を払ってもらい、ご利益を授かり、飴をしゃぶりながらの見学は是非体験したい』
  • ◇『白い粉が舞うのはおもしろそうだと思いました』
  • ◇『飴と粉が舞うのは、気前の良い祭りに思えます。行ってみたい』
  • ◇『「飴」が子どもうけしそう!』
  • ◇『町中を巻き込むのが良い』
  • ◇『「鬼のお加持」も興味はあるが、やはり“天下の奇祭”を見てみたい』

粉にまみれることでご利益を授かる、豊橋鬼祭。奇祭と呼ばれるだけあってかなりの珍しさですが、そもそも白く粉まみれになった顔って、とてもユーモラスですよね。皆が笑顔ではしゃぎ回る場所にいるだけで、幸せな気持ちになれそうな気がします。

  • ◇『どちらの奇祭も魅力満点です。天狗と鬼のやり取りを見てみたいし、タンキリアメもゲットしたいので「豊橋鬼祭」に1票。一昨年寅さんで有名な帝釈天の節分でまかれた福豆の1つに特別賞の表示があり、天然ウナギのかば焼きをゲットしたことがあります』

そう!昨今は、いわゆる“当たりくじ”の楽しみがある節分行事も増えてきています。豊橋鬼祭も、撒かれるタンキリ飴の袋の中に抽選券が入っていて、「純金小判」や「純銀小判」が後日抽選で当たるんですよ!

  • ◇『逃げ回っていい運動になりそう!』

なるほど、そういうご利益もありますね(笑)。

  • ◇『私の地方でも多くのところで追儺式をやっています。一番近くの追儺式はお正月に行われ、鬼の一家が家来を連れて伊勢参りに行く設定になっています』

神戸市の妙法寺でしょうか。面白いですね!

  • ◇『愛知は故郷、でも知らなかった』
  • ◇『地元愛知に近く、見聞したことがあるので』
  • ◇『実は赤鬼は実家の中世古(なかぜこ)町から出ています。元々飽海(あくみ)町のお祭りでしたが役を他の町へ売りに出したとか。徳川家康も見物した祭りです。久しぶりに若い衆へ激励に顔を出したいですね』

中世古(なかぜこ)に飽海(あくみ)。その読み方だけで、歴史を感じさせてくれますね。もしかすると徳川家康も粉まみれに…それはなさそう(笑)。

さて、節分が終わった後にすぐやってくる“ご利益”といえば、桃の節句。ひな祭りには、女の子の成長を祈願する意味合いが込められています。愛知県名古屋市東区にある徳川美術館では、4月5日(日)まで「特別展 尾張徳川家の雛まつり」を開催中です。尾張徳川家の姫君のためにあつらえられた雛人形や雛飾りは、ぜひ一度見てみたいですよね。雛道具にはそれぞれ小さな家紋が入り、実際の婚礼調度のミニチュアとして精緻なつくりになっています。

安久美神戸神明社

徳川美術館


次は、京都の蘆山寺で行われる「追儺式鬼法楽」に一票を投じた方からのコメントです。

  • ◇『鬼が病気平癒を祈願するなんて、ユニーク!!』
  • ◇『腰が痛いので、撫でてもらって直してもらいないな~』
  • ◇『免疫力が少なくなったようなので是非』
  • ◇『恐い鬼に体の悪いところを撫でてもらいたいです。こんな体験は貴重だと思いました』
  • ◇『母と行くにはこちらがよいと思って選びました』

やはり一番多かったのは“鬼に病気を治してもらいたい!”というご意見でした。なかなか体験できることではありませんからね。怖くて強い鬼だからこそ、ご利益がありそうな気もします。

  • ◇『鬼がリアルなのかキモイのかインパクトありすぎ』
  • ◇『京都のなまはげみたいで、面白そう』
  • ◇『反省した鬼の表情を間近で見てみたい。あまり健康には自信がないので、治してくれたら有り難いです』

かわいくデフォルメした“ゆるキャラ”ではない、小さなお子さんが泣き出しそうな鬼!これぞ正しい鬼の在り方ですよ!確かに改心した後の鬼の表情やしぐさも見てみたいですね。会釈とかしそうです(笑)。

  • ◇『撫でてもらって頭がよくなれば最高です』

それは…別のところにお参りしましょう!

  • ◇『京都のような静かな町では珍しいと思います(三大祭りに比べ)』
  • ◇『京都の吉田神社も鬼がでて、節分限定の聖護院八つ橋も売り出される』
  • ◇『京都に住んでいますが、これは知りませんでした。ぜひ行ってみたいです』
  • ◇『この風変わりな催しは見たことありません。見たい祭りは沢山ありますね』
追儺式鬼法楽

京都の節分ですと、コメントをいただいた吉田神社の他、聖護院や八坂神社なども有名ですね。 “京都のお伊勢さん”と呼ばれる日向大神宮では、境内にある天の岩戸を通り抜けることでご利益を授かる“ぬけ参り”と呼ばれる珍しい節分行事があります。他にもまだまだ、その土地ならではの風習が残る節分が全国各地にありそうです!

廬山寺

日向大神宮


一覧へ戻る

個人のお客様