法人のお客様

駅すぱあとWORLD

駅すぱ・どっち方面?

電車や駅、旅行にまつわるあれこれを、メールマガジン
「駅すぱあとアンテナ」の読者に二択で選択していただく人気企画です。

【天空散歩で絶景】対決は「千畳敷カール(長野)」に軍配!

「千畳敷カール(長野)」「千畳敷カール(長野)」と「寒霞渓(香川)」、行ってみたいのはどっち?

対決の結果は「千畳敷カール(長野)」の勝利!まずは"千畳敷派"の皆さんのコメントをご覧いただきましょう。

  • ◇『中央アルプスに1度は行ってみたいです。九州の山しか知りません』(シジム さん)
  • ◇『日本列島が形成されたときにできたとされるアルプス連峰は別格かな?』(hasi さん)
  • ◇『寒いところは苦手だけど、千畳敷カールの広大さに大自然を感じられ、心が広がる感じがする』(願いは全県制覇 さん)
  • ◇『比較的電車でも車でも行き易そうですね。混雑だけが心配です』(紅葉博士 さん)
  • ◇『最近行ったばかりですが、雨で何も見えなかったのでリベンジしたいと思います』(せんちゃんこ さん)

まず多かったのが、「日本アルプス」に対する憧れをお持ちの方。山の連なりや地形の美しさに対するコメントが多く寄せられました。「混雑」と「荒天」は、絶景ゆえに致し方ない部分もありますよね。リベンジ頑張ってください!

  • ◇『青空に突き出した岩峰群とカールの紅葉。是非見てみたい!』(スロージョガー)
  • ◇『眼下に広がる紅葉、紅葉が広がる景色を見ながらの千畳敷カールでの散策、見たい歩きたいの気持ちでいっぱいです』(スイーツ さん)
  • ◇『氷河が削った景勝地を是非見てみたいと思う。紅葉と粗々しい山肌は写真の被写体には良いと思う』(かいらいし さん)

現在、周辺地域は紅葉が進み、今月半ばには中央アルプスの宝剣岳や千畳敷カールにて初冠雪となりました。雪化粧した風景も一度見てみたいですね。

  • ◇『「千畳敷カール」の雄大さはロープウェイを降りた所から飛び込んできます。ここを超えて、駒ヶ岳も気持ちの良いものです』(J.J. さん)
  • ◇『千畳敷カールの、この景色は最高です。夏に行ったのですが、駒ヶ岳の行きと帰り歩きました。その時の高山植物の見事さ、秋の紅葉もさぞ素晴らしい事だと思っています。機会を得て行きたい場所のひとつです』(山ちゃん さん)
  • ◇『最近、趣味の一つに登山が加わりました。中央アルプスはいつか踏破したいです』(わたわた さん)
  • ◇『今は低山しか登っていませんが、六十ちょっと過ぎに仲間と木曽駒ヶ岳に登ったことがありました。天気に恵まれたこともあって凄く奇麗で素晴らしかったのが印象に残っています。出来たらもう一度行ってみたいです』

ロープウェイの山頂駅から木曽駒ヶ岳の山頂まで、約4時間で往復できます。実際に登頂している方も複数いらっしゃいました。山頂からの大パノラマや、夏の高山植物も魅力的ですね!

  • ◇『ロープウェイで一気にこの高さまで上がれるのは魅力。一度は行ってみたい』(nae-chan さん)
  • ◇『中央アルプスの紅葉を見ながら山岳道路走り、ロープウェイで日本一高い地点あるホテルに泊り、朝起きて雲海を見たいです』(419 さん)
  • ◇『行ったことはありませんが、春から初夏までスキーが出来るから。それに、標高も高い!』(Lewis さん)

紅葉シーズンは幕を閉じましたが、日本一高い場所に建つホテル「ホテル千畳敷」は通年営業しています。冬は、静まり返った山の息吹を感じられる白銀の世界。冬山登山をしないとなかなか見ることができない景色に、ロープウェイでアクセスできるのがいいですね。

また、これからの季節は星空の美しさも格別。空気中の塵が少ないことに加え、湿度が低いため水蒸気が立ち上がりづらく、クリアに満天の星空が観られます。星空撮影会や星空鑑賞会などのイベントも随時行っていますので、興味のある方はぜひ、冬の千畳敷カールへ赴いてみてはいかがでしょう。

中央アルプス 駒ヶ岳ロープウェイ

次は、「寒霞渓(香川)」に一票を投じた方からのコメントです。

  • ◇『瀬戸内海も一緒に見えるし、海・山含めた四季変化の景勝が良い!』(kaneyasu-sa さん)
  • ◇『小豆島一の景勝地。ぜひ行ってみたい!』(いーおっさん さん)
  • ◇『以前から一度行ってみたいと思っていた場所です。近いのにちょっと遠いというか、わざわざ感のある場所なのでまだ行っていません。でも行ってみたいです』(すえとも さん)
  • ◇『香川にこんな渓谷があるのは知らなかった!』(立山の人 さん)
  • ◇『関東の人にはあまり有名でない気がしますが、知らない日本をもっと広めたいです』(いちむ。 さん)
  • ◇『フェリー料金が高いので、なかなか行けないが、1回は行ってみたい』(くわちゃん21 さん)

西日本にお住いの方以外は「知らなかった!」という方が多かったですね。それでいて、「知っているけど、まだ行ってない」という西日本在住の方が意外に多かったのも印象的でした。やはりロープウェイがあるとはいえ、フェリーでしか行けない島の絶景たるゆえんかもしれません。

  • ◇『小豆島は何度か行きましたが寒霞渓には行けてないため。「二十四の瞳」を体感してみたい』

壺井栄さんの小説『二十四の瞳』は小豆島が舞台。映画にもなりましたね。そのロケで使われた広大なオープンセットを改築した「二十四の瞳映画村」が、瀬戸内海を見渡す海岸沿いにあります。映画をご覧になった方もそうでない方も、古き良き日本の風景に心癒されることでしょう。

  • ◇『乗る時間は5分未満。けっこうスピードが出ます。上に行くと徐々に岩がせまってきて、迫力が増していきます。紅葉は絶景だと想像します。山頂は景色がきれいでした』(レオン さん)
  • ?◇『どちらも実際に見に行ったことがありますが、「空?山並み?海原」のパノラマから見ても寒霞渓の方が個人的には好きです。また、現地で食する特産物も自分の好みに合っているので、寒霞渓を推させてもらいます』(Yuttaman さん)

「寒霞渓(香川)」実際に寒霞渓の絶景を満喫した方もいらっしゃいました。生の体験コメントを拝見していると、ますます紅葉の時期に行ってみたくなりますね!

さて、寒霞渓の本格的な紅葉シーズンは、まさにこれから。圧巻の絶景を満喫するだけでなく、小豆島にはオリーブ園や醤油蔵など、食にまつわる観光スポットが点在しています。「小豆島手延べそうめん館」では、手延べそうめんの製造工程体験もできますよ。その後は美味しい小豆島の幸で、お腹を満たしましょう!

寒霞渓ロープウェイ

小豆島旅ナビ

一覧へ戻る

個人のお客様