法人のお客様

駅すぱあとWORLD

駅すぱ・どっち方面?

電車や駅、旅行にまつわるあれこれを、メールマガジン
「駅すぱあとアンテナ」の読者に二択で選択していただく人気企画です。

【新・世界遺産】対決は「長崎・五島列島」に軍配!

「長崎・五島列島」「長崎・五島列島」と「熊本・天草」、行ってみたいのはどっち?

対決の結果は「長崎・五島列島」の勝利!まずは"五島派"の皆さんのコメントをご覧いただきましょう。

  • ◇『離島でのんびりしたいです』(うめたろう さん)
  • ◇『離島です。離島。解放って言葉が良いではないですか』(aki さん)
  • ◇『大浦天主堂には修学旅行で行ったことがあるが、五島列島には中々行けないので』(願いは全県制覇 さん)
  • ◇『どちらも行った事無く、最近の「お題」では一番選択に悩みました。決め手は「離島」です。長崎市内との違いを感じてみたいです』(ミルキー さん)

まず多かったご意見は、「離島」であること。たとえば沖縄も、本州から離れた「離島」なのですが、都市部から飛行機でダイレクトにアクセスできる利便性がありますよね。その点、五島列島は正真正銘の「離島」といえるでしょう。

  • ◇『題字のごとく「解放」を史実として堪能したい。列島にあるのが魅力的』(60おじいさん)
  • ◇『どちらも長く厳しい弾圧に耐え抜いた人々の苦闘と苦悩の証が残る地ですね。どちらか迷いますが、まずは五島列島を訪れて弾圧を逃れ離島に移住した人々の暮らしに思いをはせてみたいと思います』(woody さん)
  • ◇『せっかく行くなら、離島に行ってみたい! 辿り着くことの困難さを実際に感じることで、信仰に殉じた方々の気持ちを少しでも理解することができるかもしれない』(NobuRin さん)
  • ◇『長崎・五島列島は島ならでの歴史や風土が色濃いと思います。椿の「玉の浦」など島だから残りえた貴重な文化にぜひ触れたいと思います。迫害に耐えて生き抜いてきた文化、想像するだけでも頭が下がり祈るばかりです』(ルンバ さん)

「離島」へのアクセスを実感したうえで「昔はもっと困難だったろうな」「観光ではなくて"住む"ことを前提とした旅路は不安だったろうな」と想像すると、さらに「世界遺産の旅」が意味を持ってくる…そんな気がします。

  • ◇『そういえば最近のTV東京の番組で、出川が言ってた…教会ばかりだなあって。番組見ていて海の色がとても綺麗な紺碧だったから、ここで訊かれる前から行ってみたかった』(まるだ さん)
  • ◇『山の緑を背景にレンガ色の教会が絵になっている!その上、大昔から現在まで変わらぬ風景が維持されているなんてロマンチック、人里離れて自分を見つめなおす絶好の地なのでは?』(olive さん)

自然が色濃く残っている五島列島。さらに特集で紹介した教会に加え、今回の世界遺産に登録されなかった、味わい深い教会がいくつもあります。きっと非日常を感じていただけることでしょう。

  • ◇『どちらも風光明媚ですが、五島うどんがある(笑)ので、長崎・五島列島を!』(いーおっさん さん)
  • ◇『五島うどんなどおいしいものも堪能してみたい』(みつまめ さん)

手延べで作られる細い麺と、特産品である椿油や塩、あご(トビウオ)の出汁などが特徴の五島うどん。少しずつ知名度も上がってきているようですね!

  • ◇『長崎県に住みながら、天草には行ったことがあるものの五島には行ったことがありません。是非一度行ってみたい』(シジム さん)
  • ◇『どちらも行ったことがありますが、五島はゆっくりと回れなかったのでもう一度行きたいと思います。ただ、五島は天候に左右されるので気候の良いときに限られ、これからの台風シーズンは避けたいと思います』(たあ さん)
  • ◇『天草と福江島は過去に行った事があります。五島列島の教会は点在しているのでアイランドホッピング状態になり一日3便程度の渡船しかないので日帰りは不可能です(チャーター船を別手配されるなら別ですが)。五島列島の福江島以外の教会は見に行ってみたいなと思います』(北の旅人 さん)

世界遺産の登録決定後、江上天主堂など五島列島にある構成資産を巡る観光客が軒並み増えているとのニュースがありました。アイランドホッピングには、五島バスによる「五島列島キリシタンクルーズ」が便利です。海上タクシー利用により、旧五輪教会、江上天主堂、キリシタン洞窟などの構成資産をスムーズに巡ることができます。まとまった休暇を利用して、ぜひ離島の旅へ出かけてみてはいかがですか?

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

まるごとう 長崎県五島市公式サイト

次は、「熊本・天草」に一票を投じた方からのコメントです。

  • ◇『天草には以前から行ってみたいと思っていました』(ohgachan さん)
  • ◇『ささやかな抵抗なのか、それとも身近にあることが大切だったのか、どちらの表れなのか感じたい』(TAKAHIRO さん)
  • ◇『厳しい信仰抑圧に負けずにいた人たちの里を見てみたい』(まっちゃん さん)
  • ◇『日常の生活の中に根付いている、信仰をみてみたい』(Yoshi66 さん)

今回登録された世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」のうち、唯一熊本県にある構成資産が「天草の崎津集落(※"崎"は山偏に立に可)」。のんびりとした漁村の風景の中にたたずむ崎津教会は、ぜひ訪れていただきたいスポットのひとつです。

  • ◇『天草という地名が魅力的』(Adlf さん)
  • ◇『天草四郎とか最近ブームなのでより身近に感じられました』(ばばしげ さん)
  • ◇『キリシタンと天草四郎の遺跡を訪ねたい』(ないだいじん さん)

島原の乱における一揆軍の最高指導者とされている謎多き青年、天草四郎。天草市本渡の本渡城跡にある「天草市立天草キリシタン館」では天草・島原の乱を中心とした天草キリシタン史を4つのゾーンに分けて展示しています。歴史に触れたい方は、ぜひ訪れてみてください。

  • 『イルカに会いたい』(suwjie さん)

suwjieさんのおっしゃるとおり、天草といえばイルカウオッチングの名所でもあります。天草市の通詞島沖には数多くのミナミバンドウイルカが生息しているといわれ、遭遇率も高いと人気です。

  • ◇『教会と海とのコントラストが綺麗と思います』(ひろちゃん さん)
  • ◇『昨年、長崎・五島列島を訪れたので、次は天草へ』(poki さん)
  • ◇『どちらも離島ですが、天草は熊本から簡単にアクセスでき、特にオススメなのは熊本(JR)三角(バスまたは船舶)本渡(バス)鬼池(船舶)口之津(バス)島原港(船舶)熊本港と1日で1周できるコースです』(hasi さん)

「熊本・天草」hasiさんの1日1周コース、とてもいいですね!なお、天草だけでなく長崎にある世界遺産も同時に巡りたい方には、五島産業汽船の「長崎~天草(崎津)」航路が便利。長崎港と天草市の崎津漁港を約1時間40分で結ぶ便を1日1往復、11月25日までの金、土、日曜に運航しています。

少々アクセスしづらいからこそ味わえる感動を、ぜひ世界遺産の旅で実現してみてはいかがですか?

天草宝島観光協会

一覧へ戻る

個人のお客様