法人のお客様

駅すぱあとWORLD

駅すぱ・どっち方面?

電車や駅、旅行にまつわるあれこれを、メールマガジン
「駅すぱあとアンテナ」の読者に二択で選択していただく人気企画です。

【冬の灯り】対決は「小樽ゆき物語」に軍配!

「小樽ゆき物語」「小樽ゆき物語」と「京都・嵐山花灯路」、行ってみたいのはどっち?

対決の結果は「小樽ゆき物語」に軍配が上がりました。さっそく"小樽派"の皆さんのコメントをご覧いただきましょう。

  • ◇『極寒の北海道、凛とした雰囲気が素晴らしい』(カイト さん)
  • ◇『華やかだが静けさも漂う感じがいいですね。行ってみたいですね』(Yas さん)
  • ◇『今まで北海道に行くことが少なかったから。写真をみて美しいと思いました』(kh さん)
  • ◇『雪の小樽運河で、彼女と待ち合わせをしてデートをしたい!!!』(yuki さん)

11月11日(土)に小樽と余市で同時に開幕した、「小樽ゆき物語」と「余市ゆき物語」。初日の小樽は強風だったため、小樽運河で予定していた点灯式は屋内の運河プラザで行われたそうですが、無事に開幕して多くの観光客が美しさに酔いしれたそうです。うーん、行ってみたい!!

  • ◇『北海道の寒さが運河の輝きを際立たせます…もう最高!』(ベンネーム さん)
  • ◇『雪の降り積もる中に浮かぶ、青く輝く小樽の運河。めちゃくちゃ寒そうだけどぜひ見に行きたい』(くまじい さん)
  • ◇『寒いときに寒い地方の行事に行きたくなります。個人的に関西人というのもありますが』(fooldad さん)

寒い時には、寒い地へ……そのお気持ち、わかります!

  • ◇『スキーで小樽に泊まり、雪の運河がきれいだったから』(Lewis さん)
  • ◇『小樽(北海道)の冬は厳しい。しかし、街の人々は凍える息さえ彩る光にひかれて白い街を彷徨う。寿司の美味さと店の主人の屈託ない明るさも思い出されます』(C53 さん)
  • ◇『かつて札幌居住の友人に連れて行ってもらった想い出の地です。もういちどゆっくり散策を楽しみたいと考えています』(海図男 さん)
  • ◇『道産子生まれの自分は小樽運河の夜景が大好きです。また、小樽駅の近くにあるお寿司屋さんで食べる寿司も一番美味しいと思います』(北の大地 さん)

実際に小樽の冬の夜を経験した方も複数いらっしゃいました。美しい風景を眺めた後は、寿司と熱燗で一杯!というのも最高ですよね。

  • ◇『さっぽろ雪まつりとハシゴで楽しみたい』
  • ◇『子供が札幌に嫁いでいるが雪の小樽は一度も行っていない。正月に行く機会が出来たので是非とも訪れたい』(新宿の殿 さん)
  • ◇『京都在住なので、遠方の小樽に一票!来月、小樽に出張なので楽しみです』(わたわた さん)
  • ◇『12月に小樽旅行を計画しているから!』(町散歩フォトグラファー さん)

「さっぽろ雪まつり」の開催は、大通会場・すすきの会場が2018年2月5日(月)から2月12日(月・祝)まで、つどーむ会場が2月1日(木)から2月12日(月・祝)まで。「小樽ゆき物語」は2月18日(日)までのため、じゅうぶんハシゴができますね!

ちなみに、小樽では2018年2月9日(金)から2月18日(日)にかけて、「小樽雪あかりの路」も開催されます。小樽がローソクの灯りで埋め尽くされる10日間となりますので、ぜひ「小樽ゆき物語」と併せてお楽しみください。

小樽ゆき物語 余市ゆき物語
小樽雪あかりの路

次は、「京都・嵐山花灯路」に一票を投じた方からのコメントです。

  • ◇『冬の小樽は3回行っています。とても好きです。でもこの記事の中の竹林のライトアップ是非観てみたいです。行きたい!!』(どんべ さん)
  • ◇『東北人としては南方の地に1票です』(植物性コラーゲン さん)
  • ◇『修学旅行で初めて会った"渡月橋"。ライトアップした姿も見てみたい』(まるしげ さん)
  • ◇『嵐山の橋が何とも言えない幻想的なイメージがします。回りの風景がなく、橋に重きをを置いているあたりが写真の構図してはとてもインパクトがあり、「京都・嵐山花灯路」にふさわしい名前でとても心が癒されました』(たつこう さん)

渡月橋や竹林などがライトアップされ、幻想的な冬の夜を演出する「京都・嵐山花灯路」。今年は、夜空に金魚が泳ぐプロジェクションマッピング『空飛ぶ金魚 on 京都・嵐山花灯路』も12月16日(土)・17日(日)に開催されたそうです。こちらも行ってみたかった!!

  • ◇『嵐山の竹林は昼間でも美しい』(furyowani さん)
  • ◇『昼間は行ったことがあるけど、夜はないから』(こもる さん)
  • ◇『季節を問わず、昼間の嵐山界隈の散策は度々有りますが冬、夜間の散策は経験ありません。出来れば、一度』(teku さん)
  • ◇『京都へは日帰り旅行することが多いので、夜の京都を知りません。ぜひ見てみたいです。今年はファンの倉木麻衣さんの曲もヒットしましたし』(ミルキー さん)

昼と夜、その趣の違いを感じてみたいという方も多くいらっしゃいました。ちなみに学生時代を京都で過ごした歌手の倉木麻衣さんは、今年4月にシングル『渡月橋 ?君 想ふ?』をリリース。今年のNHK紅白歌合戦でもこの曲を披露する予定です。

  • ◇『近いというのもあるのですが、トロッコ列車も乗りたいのでこちらにしました』
  • ◇『行ってみたいのは、京都です。毎年、正月のイベントとして1月中にこの11年ほど行っています。ほとんど市中廻りなので、嵐山付近の散策もいいかな?とかおもったりして。北海道の冬はチョー寒いので遠慮します』(ダイエット さん)
  • ◇『京都には仕事以外では行った事が無いのでのんびり見物が出来れば嬉しいです』(ago さん)

「京都・嵐山花灯路」「京都・嵐山花灯路」は12月17日(日)に終了しましたが、寺社仏閣が参拝客で賑わう冬を経て、3月には「京都・東山花灯路」が開催されます。2018年は3月9日(金)から3月18日(日)までの開催です。東山地域の地理的諸条件を生かし、露地行灯などの「灯り」と、いけばな作品による「花」の演出により、早春の京都・東山が彩られます。ぜひ機会があれば訪れてみてはいかがでしょう。

京都・花灯路

一覧へ戻る

個人のお客様