法人のお客様

駅すぱあとWORLD

駅すぱ・どっち方面?

電車や駅、旅行にまつわるあれこれを、メールマガジン
「駅すぱあとアンテナ」の読者に二択で選択していただく人気企画です。

【北海道の春】対決は「美瑛の丘」に軍配!

駅すぱ・どっち方面

【北海道の春】対決は「美瑛の丘」に軍配!

美瑛の丘

「美瑛の丘」と「五稜郭の桜」、眺めてみたいのはどっち?
対決の結果は「美瑛の丘」に軍配が上がりました。さっそく「美瑛の丘」に一票を投じた皆さんのコメントをご覧いただきましょう。

  • ◇『これぞ!北海道の景色!!』
  • ◇『美瑛の丘で寝そべってみたいです』
  • ◇『のびのびとしたひろ~~~~~~い台地が広がる北海道で写真のような綺麗なお花を眺めていたら身も心もおおらかになるよね~~~~~!!』
  • ◇『昨年、北海道美瑛周辺を訪れました。夏は何度か行っていますが、春は訪れたことがなく行ってみたいので美瑛の丘にしました』
  • ◇『「函館」は隣り県なので修学旅行をはじめ、結構行く機会がありますが、「美瑛」はまだ行ったことがありません。北海道新幹線の開業を機会に一度は行ってみたいなと思っています』
  • ◇『この雄大な大自然の美しさをカメラに収めて、手元に置いておきたい思いが沸いてきた』

「美瑛」派の皆さんにとっては、やはり北海道の雄大さを堪能できる点が大きいようです。それにしても北海道、大きいですからね!札幌や函館は行ったことがあるけれど、内陸はまだ行ったことがないという方も複数いらっしゃいました。

  • ◇『雪山と丘陵、この大自然を見てみたい』
  • ◇『広大な北海道の大地にぴったりな「美瑛の丘」の春は、後ろに雪をかぶった山を控え壮大です』
  • ◇『美瑛の丘は日本離れした雄大な風景が広がり、北海道らしい景色が広がっています。美瑛の春は雪解けから、突然緑色の秋撒き小麦が顔を出します。十勝連峰はまだ残雪が残り、素晴らしいコントラストを見ることができます』

美瑛といえば、青々とした草がそよ風に吹かれる夏、さらに紅葉の秋に訪れる方が多いようです。雪解けや花々が咲く春もおすすめですよ!

  • ◇『学生時代に北海道に1か月近く遊びに行きましたが、「美瑛の丘」はあまり有名ではなく通り過ぎた程度でした』
  • ◇『ここに住んでいました。残雪をいただいた山々を背景にした花畑は最高です』
  • ◇『美瑛の丘は、故郷の花畑です。故郷を離れたのが18歳ですが、時々帰郷すると昔の自分に戻ります。不思議ですね!!』

美瑛に住んでいた方もいらっしゃいました。18歳で故郷を離れる…まるで「北の国から」のようですね!美瑛の丘は、胸を張って語れる郷土の魅力といえそうです。

  • ◇『美しい花々と有名なファーム富田に行ってみたい』
  • ◇『カラフルな7色の絨毯を見てみてみたい』
  • ◇『いろいろな変わった丘が見られるから』
  • ◇『美瑛の丘から眺める北海道の山々は、日本百名山の十勝岳、トムラウシ、大雪山等を確認することができ素晴らしい眺めである。百名山を完登した私は美瑛の丘を訪ねてみたい』

ひとえに「美瑛の丘」といっても、パノラマロードにある「四季彩の丘」や、季節によっては花が絨毯のように広がる「パッチワークの路」から見渡す丘など、眺める場所によって異なる味わいがあります。「セブンスターの木」や「ケンとメリーの木」など、草原にポツンと立つ木も素敵ですよ。

また、コメントにある北海道富良野町のラベンダー畑「ファーム富田」もおすすめ。富良野でラベンダーを眺め、そこからJR富良野線で美瑛へ。美しい景色を満喫したら、旭川まで足を伸ばして「旭山動物園」を楽しむ…北海道の内陸部の王道プランといえますね!

美瑛時間:美瑛町観光情報サイト


次は、「五稜郭の桜」に一票を投じた方からのコメントです。

  • ◇『歴史的に素晴らしい景観と桜は、短い北の国の春にふさわしい』
  • ◇『函館へは是非出掛けてみたいと以前から考えていました。海岸・坂・陸繋島などもこの目で見たいところですが、何と言っても五稜郭を俯瞰したり周囲を散策したりしてみたいところです』
  • ◇『初夏のアンケートなら間違いなく「美瑛の丘」を選択するかもしれないが、今の冬の季節は、やはり歴史観がある「五稜郭の桜」かな!?』
  • ◇『先日、「はまなす」の乗車ついでに、雪の五稜郭を観て来たので、次は是非「春の五稜郭」を訪れたい』
  • ◇『悩みましたが、函館の夜景も含めて五稜郭で』

北海道新幹線の開通で、今年の春は例年以上の人出が予想される函館。街を代表する観光スポットの五稜郭公園は、大いに賑わうことでしょう。コメントでいただいた「雪の五稜郭」も気になります!

  • ◇『どちらも行ったことがないのですが、どちらかといえば五稜郭の桜かな。写真の角度で撮ってみたい』
  • ◇『五稜郭タワーから眺めてみたい』
  • ◇『五稜郭へはいつかは訪問したいと切にあこがれているところなので文句なしに一票。高い場所からきれいな五角形の堀や石垣、桜などを眺めたい』

展望塔「五稜郭タワー」にはぜひ登りたいところ!今月末まで実施されている夜間のイルミネーションは、タワーから眺めるとまさに「きらきら星」のようです。桜のシーズンもライトアップされるので、ぜひ函館の夜景と共に、五稜郭を見下ろしてみてください。

  • ◇『京都在住の私にとって、新撰組と関連のある五稜郭に行ってみたいです』
  • ◇『外国の築城方式の星型要塞を舞台に幕軍と官軍が最期に戦ったところで、お花見をして、今の平和を噛みしめたいと思いました』
  • ◇『激動の幕末、明治維新の歴史の宝庫で、その時代の出来事を知れば知るほど、景観や造形、桜の美しさと人々の希望や悲哀、はかなさもしみじみと感じられるから』

幕末史が好きな方にとって、五稜郭は感慨深いものがあるはず。桜の下で賑やかに酒盛りするのもいいですが、京を追われ、延々とこの地まで生き抜いて最後の戦いに挑んだ新撰組副長、土方歳三に想いを馳せながら五稜郭の桜を眺めるのも格別ですね。

  • ◇『20年前に桜を見て感動しました。函館には何度も行っていますが、花見のあと、つながっています飲み屋街が近いのがすばらしい』
  • ◇『一年中五稜郭公園で遊んで育ちました。ゴールデンウイークが過ぎる頃に桜が咲いて、家族みんなで花見に出かける。そんな昭和30年代を思い出して、帰函計画を数年後には開始します。ブラキストンラインを越えて函館の独自の文化圏に戻ります!!』
  • ◇『「美瑛の丘」には何度か行っているのですてきな場所には違いない。だが、函館の五稜郭にはまだ足を伸ばしていない。近くにある湯の川温泉に入り、キリスト教会を見学しての五稜郭を、一度は訪れてみたい』
五稜郭の桜

「ブラキストンライン」とは、動物学者トーマス・ブラキストンが見出した動植物の分布境界線のこと。津軽海峡を境界線とし、南北で棲息する動植物に違いがあることを示しました。現在、函館山の頂上にブラキストンの碑があります。

また、函館を観光して、湯の川温泉に泊まる方も多いようですね。温泉に新鮮な魚介類、夜景に桜と、春らんまんな函館の旅をぜひ楽しんでみてはいかがですか。

函館市公式観光情報サイトはこぶら


一覧へ戻る

  • お問い合わせ
  • FAQ
  • オンライン ショップ

個人のお客様